一人暮らしも魅力は最初だけ

自分が一人暮らしする女性のトコロへ嫁いだのは、これが最初であった。奇妙な表現だが、説明するゆえに我慢を。前に養ってくれた者は、男性。

そして飽きられたんだろうか、売りに出され、現状―嫁いだとゆう次第。そうだ、あたしは喋れぬ。体も動かせぬ。有るのはボディーと心のみ。

だから普段は棚に置かれたり、時々ママゴトへ遊びに付き合ったり、放置される事が、、。でも、今回は違う。現マスターは私を愛娘、恋人だと言い、日々愛を注ぐ。

ドールを愛する、変わり者。聴いた事無くもないが、こうも弄られる日々が来訪すっとは...。一人暮らし故に、抱く相手もこの身他に無く...。構ってくれる。

それが幸せ、役割を全うのドール。そう考えてきた。良いんだこれで。もし、一人暮らしを辞め、飽きれば...。恐ろしき発想、そう互いに恐き事は飽き。大敵だ。

一人暮らしも最初こそ魅力あれ、後は下落。だからこそ、自身も不安を感じるばかり...何時までも、ママの元で眠りたい。

結婚披露宴への認識が違う

結婚披露宴かぁ。「何?」いや、今は何処でもキリスト教式。家族・身内他、友人、知人色々呼ぶと聞く。「むー、偉く大勢集まるのだなぁ」

昔はそーゆー事、無かったらしー。「へえ...、マジ?」結婚披露宴、誰呼ぶ?「えと...誰?」お前に聞いてる!

「そういわれても。予定ねーもん」へ?「何その反応」俺とするんじゃ。「ちょ、どーゆー事?」ほら、先日。飲み屋へ二人で行ったろ?

「あー、数日前ね」うむ、帰り道、べろべろに酔ったお前。俺、告白!結婚披露宴は何時?聞けば、今度調節しよ!

「えー、全然記憶に...」酷っ。「やり直さんかね」告白を?「うん」OK確実?「NO」うわっ、最悪。「だって!身に覚えが!」

はぁ。一世一代の思いで告白。受け入れられ、天国気分だった!「許せ。私、酒かっくらっちゃうと記憶無い。ほら、あるやろ?」糞が!

「酷っ!あんまりすぎぃ。つか結婚披露宴、そこまで話進んどった訳?」おう!「まさか...夜も供に?」勿論!「げぇっ、最悪」

イギリスカジノはさすがに遠い

イギリスカジノ、行きてー。「え?」ほら、船がホテルの上に、乗っかっとる所。「そんなのが...」二人で行かん?

「何処に?」えっと、イギリスカジノ「いや、場所...遠い?」ちょっとね。「抽象的やなぁ、国内っしょ?新幹線で大丈夫?」

無理かなぁ。「じゃ、飛行機?」空かい!「マジか、きつそう」大丈夫、二人なら何でも出来そう。「どっから、そーゆー根拠が」イギリスカジノはねぇ、シンガポールだよ!

「シンガ...、外国?」勿論。「えー、絶対無理じゃ」平気平気。ほら、新婚旅行で何れ訪れるから、下見っつー気分さ。

「下見?うーん、折角の話やけど、イギリスカジノはちょっと」嘘ぉ、折角のチャンスを。「そこまで?けど、二人おれば、別にどこだろうが」むっ、だよね!

「理解出来た?」YES!「ま、個人的に外国は、やっぱ結婚後って感じかなぁ」結婚後、旅行行く余裕あればいーけど。

「どーゆー事?」いや、色々二人とも多忙だもの。仕事辞めずじゃ不可能。「共働きじゃねーと、無理じゃん...」